小学校 登下校

卒園式 入学式の準備 2019年

登下校が心配!どこまで見送るべき?

読了までの目安時間:約 2分

 


子供の登下校は心配

地域によって学校まで集団登校をしたり、個人で行く場合など

様々です。

うちの近所の小学校は個人で登下校しています。

登下校の時には、要所に保護者が立っています。

ですが、そこのポイントに行くまで大丈夫かな?と心配になりますよね。

これは本当に地域によると思うのですが、車の多いところだったら

親が近くまで行くのもアリだと思います。

しかし住宅街だったらそこまで神経質になることもないのかなと思います。

入学して最初の1ヶ月

小学校に入学して最初の1ヶ月は最初の角を曲がるところまで、見送り

するという方もいらっしゃるでしょう。

ずっと見送りをしていると、子供はなかなか自立できません。

期間を決めて、そこからは子供の経験のためにも見送りはやめる方が

良いかもしれませんね。

集団登校は安心

集団登校をするところは上級生がついているので安心です。

慣れない小学校生活では上級生のお兄さん、お姉さんの存在は

とても大きいものです。

親も集団登校だと安心ですよね。

田舎道は親の送り迎えアリ

田舎の山道だったり、人通りがほとんどないという場所だったら、

ちょっと考えるかもしれませんね。特に我が子が女の子だったら、

登校時には途中まで送るかもしれません。

防犯グッズを持たせる

登下校時は特に親は心配になります。

冬は夕方になると暗くなるのが早いので、途中まで迎えに行くと

子供も安心するのではないでしょうか。

防犯用のブザーやケータイを持たせるのも場合によってはアリだと

思います。

 

タグ : 

環境の変化   コメント:0

この記事に関連する記事一覧